星 の 森 劇 場 の 夢

日本一の知的障がい者施設を目指した夢の日々を・・・

Category [実習生等 ] 記事一覧

スポンサーサイト

保育短大生の職場実習感想文

 今月の月初めから10日間、県南の短大保育科の生徒さんが職場実習に来てくれました。私共の職場は慢性的な人手不足状態にありますし、お盆前のこの時期は、職員の夏季休暇もあって勤務割が大変ですので、実習生といえども貴重な戦力でとても助けられました。 土曜日、職場に顔を出していたらニコニコとした彼女が実習日誌と実習感想文を持ってやって来ました。「夏休みはいつまで?」と聞いたら、「明日の日曜日までです」と答え...

同じところで生活することの難しさ

 昨日に続いて介護体験実習の大学生さんの感想文です。 今回の介護体験で学んだことの一つに、いろいろな個性を持つ人が同じところで生活することの難しさというのがあります。やはり、障害が生活するうえで重度の方も軽度の方もいらっしゃるので、その人たちが同じ一つの施設で生活するにはいろいろ問題があるのだなと思いました。軽度の方の中には、なんで自分は普通なのにこんな人たちと生活をしなきゃならないんだと感じてい...

黙って後をついてくる人

 今月初めに4人の大学生が一週間介護体験実習で元気丸にやってきました。その時のことは6月5日のブログ 「また会いましょう」 に書きましたが、その学生さんから感想文が送られてきましたのでご紹介します。 初日は、黙って後ろをついてくる人、手を叩いている人や様々な人がいることに驚いてばかりで、どのように接していいのかわからなかった。おそらく利用者さん達も同じで、見知らぬ実習生たちを見て不安に思っただろう...

「学ぶ」ことと「教わる」こと

 今日、今月初めに介護体験実習を行った大学2年の学生さんから体験レポートが届きました。レポートには便箋に書かれた手紙が添えられていました。拝 啓 申し訳なく存じつつ、ついお手紙が遅れ失礼いたしました。日増しにお暑くなりますが皆様いかがお過ごしでしょうか。 さて、先日6月2日から6月6日の5日間ですが、介護等体験をさせていただき誠に有難うございました。体験初日に施設長さんがおっしゃっていたように、「...

見学実習レポート ―その6―

 県立大社会福祉学部2年の学生さんの見学実習レポートその6を紹介します。1.事前に調べたこと ・・・・・・・ウィキペディアによると、知的障害とは、一般的には金銭管理、読み書き計算など、日常生活や学校生活の上で頭脳を使う知的行動に支障があることを指す。精神遅滞(英:mental retardation)とほぼ同義語である。日本では1950年代から学校教育法では、精神薄弱という表現が50年近くそのままに放置されていたた...

見学実習レポート ―その5―

岩手県立大学社会福祉学部2年の学生さんの見学実習レポート(その5)です。考  察 今回、知的障害者更生施設に見学に行った。授業等で勉強したことがあったが、実際に行ってみるのは初めてだった。最初に思ったのは、施設というよりも学校に近い印象を受けた。見学して回った時に指導員さんの指示もとで利用者さんが生活していると思ったからである。しかしそうではなく、一緒に生活をする場であることがわかった。ここで年を...

見学実習レポート ―その4―

 岩手県立大学社会福祉学部2年の学生さんの見学実習レポート(その4)です。感  想 施設内の利用者の様子や支援している人たちの働いている姿を見ることができてよかったです。 元気丸では、個人に合った作業をすることで将来的に、就職したり、地元で生活できるように支援していることがわかったし、その一方で、施設内で苦労していることも感じることができました。特に利用者の危険は予測することが難しそうだし、いつで...

見学実習レポート ―その3―

 岩手県立大学社会福祉学部2年の学生さんの見学実習レポート(その3)です。見学実習で見たこと・学んだこと・感想 ・・・・作業は利用者の特性にあわせ4班に別れている。畑仕事や雪かきなどを行う「いちろう農園班」、花・野菜・果物を栽培する「おりざ園芸班」、受託作業である箱折り・ゴム輪作りや手芸を行う「おりざ織り班」、手指機能訓練を兼ねた木工作業や歩行訓練、室内運動などを行う「あすなろ班」(この班に重度の...

見学実習レポート -その2-

 岩手県立大学社会福祉学部2年の学生さんの見学実習レポート(その2)を紹介します。●実習当日、元気丸で学んだこと 当日は指導員の方に施設の概要と注意点を説明していただいた後、実際に作業を見学させていただくことができた。作業については4つの班に分かれて構成されており、障害の程度やその人それぞれの特性に合わせた班分けになっているそうだ。当日は作業がお休みの日だったそうだが、我々が見学に来るということで...

見学実習レポート ―その1―

 昨秋の11月21日、岩手県立大学社会福祉学部2年の学生さんが大挙して、いきいき牧場の見学にやって来ました。私どもの法人は精神障害者の多機能事業所と知的障害者更生施設の二つがありますから、見学実習に都合がよかったのでしょう。年明けの11日金曜日、担当のN教授のお礼状と一緒に学生の見学レポートが届けられました。  あの日は午前10時から午後1時までの見学で、担当職員から施設長講話をと依頼され「まあ昼食...

Menu

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ご来訪者

 一押しご協力を m(-.-)m      FC2 Blog Ranking 人気Blog Ranking

最近の記事

プロフィール

哲老

Author:哲老
若い頃は障がい者ボランティア、結婚後は町内会・PTA・子ども会・ボーイスカウトで活動。夢は障がい児スカウト団の発足と四国遍路。
4男1女で長男・長女・次男は結婚、私は家で妻と末っ子との三人暮らし。趣味は尺八、紙芝居、ご朱印集め。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

あし@

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。